SNSでやってしまった失敗談

SNSでやってしまった失敗談

66才、女性のエッセイ : 利用しているLINEでの一番の失敗は

利用しているLINEでの一番の失敗は、沢山のメールをもらっていたのに気がつかなかった、というものです。

初めて設定してから、暫くはうまくいってたのですが、ある日、あまりに音がうるさくて、音の止め方が分からなかった私は、その時、一緒にいた友人に頼んで、止めてもらいました。
「うるさくなくなって良かった」と思った私は、その後、そのことをずっと忘れてしまっていたのです。
そして、暫くして仲の良かった別の友人から電話がきて分かりました。
その声は怒っていました。
「どうして、人が一生懸命LINEでメッセージを送り続けているのに、何の連絡もないの?」と言うのです。

そこで、ハッとした私は、スマホを見てみました。
何と、そこにはだいぶ前から送られ続けていたメッセージが、山ほど来ていたではありませんか。知らずに静かになって良かった、という感じくらいにしか受け止めていなかったことを、思い出しました。
なんと呑気な話だと、自分でもびっくりしてしまいました。
その友人には申し訳なくて、何度も謝りました。
内容を見ると、結構大事な用件も入っていたので、尚更でした。

その後、他の人にも怒られてしまい、気まずくなってしまいました。
その時思いました。
「私は中高年だし、そんなに真面目にやらなくてもいいのだろう」と、軽い気持ちで誘われるまま入ってしまったものの、他の人たちとは温度差があったのかもしれない、と。

しかし、何はともあれ、私の失態で迷惑をかけてしまって、後ろめたさが残ってしまいました。

Copyright (C)2019SNSでやってしまった失敗談.All rights reserved.